Web・スマートフォン サイト制作 デザイン・システム開発・ブランディングの株式会社いろや

メニュー

272017.04

一人の時間と社会と共有する時間

天気の良い一日。

こんにちは、代表の大澗です。

日々変化している会社活動において、久しぶりにお会いする人も多くなってきました。
ここ数年ズレていたピントが合って来たような気がしてます。
ようやく、再出発ですね。

今回から「生活」カテゴリーをつくりました。
生活とは「生存して、活動すること。生きながらえること」とWikiでは記載されていました。
生きる事は大変ですよね、毎日活力があって元気いっぱい!!というよりも「生きながらえる。」という表現の方が私自身にもあっている気がします。

こどもの事を学ぶと「発達」という表現がよく出てきます。
発達とは「人の心身、及びその社会的な諸関係の量的及び質的変化・変容をいう」とWikiでは記載されていました。
これから感じるのは、生を受けた段階から「発達しないことのほうが難しい」事なんだなと感じています。
そう思うと、どのように発達して行くのが良いのか?という問いに対して、今は日々学んでいます。

さて今日は、
会社のスローガンのキーワードとしても扱っている「コミュニケーション」から、人と社会の交わりに少し焦点を当ててみました。
一人の人がコミュニケーションをする事。普段、面と向かって会話が苦手な方も、チャットやメールだと冗舌になったり、コミュニケーションの変化にあわせて、個性も際立つ面白い時代になったなと感じています。
そして、インターネットの技術が発達し、遠い人同士のコミュニケーションがしやすくなった事と同様に、普段何気ない時間にもコミュニケーションが出来るようになりました。

以下の資料をご覧ください。
これは、通勤時間にしている事の一部集計データです。

【調査概要】
参考資料)通勤意識調査―『エン転職』アンケート集計結果―
■ 調査方法:インターネットによるアンケート
■ 調査対象:『エン転職』( http://employment.en-japan.com/ )利用者 8,321名
■ 調査期間:2015年8月3日~2015年8月31日

この中で、

  • ◎ メールやLINEの整理、送受信
  • ◎ SNSの投稿やチェック
  • ◎ 携帯やタブレットや専用機器でゲームをする
  • ◎ 携帯やタブレットでテレビ、映画を観る

は、数年前には無かった項目です。

私自身に当てはめてみると、
車の移動時間が最も多いのですが、電車・バスも利用します。
以前は主に、音楽を聴き過ごす事が中心で、昔は本を読んだり、寝たり、考え事をしたりがほとんどでした。
今は、音楽を聴きながらメールをするか、論文などを読んでいるかのどちらかです。
私自身も随分変わりました。

ふとした一人の時間に便利なスマートフォンがあり、すぐコミュニケーションの場へと移る事が出来るようになりました。
移動時間一つとっても、以前より出来る事が増えています。
個人的には「身体のトレーニング」がとても目を引きました…..。
他にも、帰りの時は「買物」が入ってくるといった回答も別の調査資料の中に出ていました。

移動の間にそこに居ない相手と会話をしたり、スケジュールの調整をしたり。
以前は一緒に移動していないと出来なかった事が手元のツールで簡単に出来るようになりました。

この社会と共有する時間が増えた事。
これが一つの社会現象で、そこから生み出される問題も一緒に出て来たことも感じています。
いつでもどこでも、人とコミュニケーションが取れる環境が手元に訪れた事で、一人の時間を扱う事が難しい時代になったんではないかと感じています。
皆さんの周りはいかがですか?

私たちは「コミュニケーションをデザインする」事が、今の社会のデザインをする事と考えています。
そしてデザインは課題解決の技術と考えています。

今、コミュニケーションを容易にしやすい時代ではありますが、今も昔も、一人の時間は24時間から増えていません。
人や情報と接触する機会・選択肢が増えた事が良い事なのか分かりませんが、触れる側にも判断力が問われる時代と感じています。
特に私たちは、こども達と向き合っていますので、日々学びながら、考えながら、今の時代に向き合って行きたいと考えています。

Category / 生活

Tweet RSS feed

関連するブログ記事関連するブログ記事

RSS