Web・スマートフォン サイト制作 デザイン・システム開発・ブランディングの株式会社いろや

メニュー

122016.04

クリック率を高くする広告配信における質の高い広告制作事例

天気のいい春の一日

私たちは、各社様のリスティング広告向けの広告制作はもちろんですが、広告配信運用についても、ご要望に応じて対応しております。
その際は、「低い単価で、高いクリック率と長いリーチ」を目指すのですが、広告配信の運用をする際、それぞれの評価指数の計測をお客様と共有する事を大切にしています。
単に「広告配信」と言っても、それぞれのお客様のターゲットや、セッティングによって大きな変化が出てきます。
最近では、地域はもちろんの事、配信先の細かいセッティングまで可能です。
自社サービス・製品を少しでも多くの人に広め、出来る事ならば「契約・申込み・購入 率(コンバージョン率)を向上させたい」と、誰しもが考えていると思います。
その為には、効果的な広告・プロモーションが非常に重要です。
Webサイトがしっかり制作されている事はもちろんですが、それを広め使ってもらう事が大切です。

各広告から弊社へ訪れたお客様も多くいらっしゃいます(ご訪問ありがとうございます!)通り、弊社でも、広告を運用しております。
その中から、実際に広告内容によってどれだけ結果が違うか比較してみる事にしました。
下記のような形(※ 配信広告の一部ご紹介)で、弊社では目的にあわせた広告配信を実施しています。
実施結果として、広告の内容やクオリティにより、「クリック率は5倍以上」開きがありました。

配信広告バナー一覧
※ 最も効果の高かった広告は、是非お問い合わせください!ご訪問の際に、担当者がお答え致します。

広告配信後の資料請求・お問い合わせ・商品購入については、Webサイト・ECサイト内での導線設計も影響するため、広告一つで解決するのは難しいですが、広告を利用してユーザーを集客する点で、広告のクリエイティビティは、数字としてもしっかりした結果が出る事が分かりました。
コストをかけて、広告を制作しても、配信コストでしっかりとカバー出来ます。

私たちは、
下手な広告を高い単価で配信するよりも、コストをしっかりかけ、クリエイティビティの高い広告を制作し、安い単価で広告を配信する方が良いと考えています。

現在、リスティング広告において、配信単価もですが、枠の競争は日々激化しています。
クリックされず、評価の低い広告は、入札価格が上がり、日々のプロモーション費用を圧迫します。
広告で訪れるユーザーが減れば「契約・申込み・購入 率(コンバージョン率)」は確実に低下します。

お客様の配信をしながらも感じますが、実際に私たちも実施してみた結果として、
遥か以前は、とりあえず作って配信していてもクリックしてもらえた時代がありましたが、今は「クリックしてもらえる広告」が大切になって来たと実感します。
ネット広告の中でも、しっかりしたクリエイティビティの発揮が必要になっています。

※ 現在、弊社の商品一覧の整備・ページ制作を進めておりますので、近々ご紹介させていただきます。

Category / ディレクション

Tweet RSS feed