Web・スマートフォン サイト制作 デザイン・システム開発・ブランディングの株式会社いろや

メニュー

142016.03

失敗しないWebサイト・ECサイト更新管理・運営代行で効率アップ

今日も雨の一日

私たちは、日々発生するサイトの更新業務や管理業務にまつわる運営代行の対応をしています。
特に、物流対応も社内で行っているECサイト運営では、毎日(必ず)発生する業務も多く、ECサイトの運営・管理・メンテナンスが最後になりがちです。しかしながら、日々の更新メンテナンスが行き届いていないサイトは、ユーザーからすれば、すぐに分かりますし、ユーザーが離れる原因にもなります。
日々競争が激しくなるインターネット上で、運営体制・更新頻度は日に日に大切さを増しています。
また、BtoBを目的としたWebサイトも、制作して終わりという時代は終わりを告げています。日々更新されるコンテンツを提供する事で、商品への理解を深めてもらうプロモーションを各社様実施しています。少しでも訪問されるユーザーに対して、商品を理解してもらう努力と、会社全体を通して、「更新頻度を含めた運営体制」が問われる時代になっていると感じます。

さてここで、Webサイト・ECサイト運営で日々発生する更新業務を整理してみました。

Webサイト・ECサイトでの日々の業務の図解化

・効果測定、アナリティクス分析
・広告バナー作成
・紹介ページへのボタン作成
・商品紹介ページの作成
・ライティング、撮影
・部分的な更新作業 etc

上記、ここで紹介している業務はほんの一例です。
メールマガジンの配信や、サイト運営以外では、商品の梱包や検品など業務は多岐にわたります。
そして、取り扱っている商材やサービス、事業戦略により毎日の必要業務は変わります。
自社で行う業務と、専門業者に頼む業務を明確にし、日々の業務の効率化に努める事が大切です。

・広告運用、SEO施策 = 広告運用スタッフ
・自社データの分析 = 分析スタッフ
・ソーシャルツールの運用 = マーケティング広報スタッフ
・商品管理、更新メンテナンス = 商品管理スタッフ
・発注、販売管理 = 販売管理スタッフ
・コンテンツ企画 = 企画、商品開発スタッフ
・コンテンツ制作
= カメラマン、ライター、Webクリエイター(デザイナー&コーダー&エンジニア)
・Webページ更新 = Webコーディングスタッフ
・システム開発、運用 = インフラ・エンジニアスタッフ

これら全てを自社内で対応しようとすると、上記のような専門スキルを持つ人材が必要になります。
これだけ並べても、10名の専門職は必要です。そして、これら技術を1人のスタッフが対応出来る時代では無くなっています。
他にも、システム設計・開発やコンテンツ企画、商品製造など、毎日発生しない業務も多々ありますので、これら全てを社内で行うのは、現実的ではありません。
それぞれの業務管理、評価制度を考えると、今や社内で全てまかなうのは難しくなりつつあります。

以上のように、
全ての業務を社内で行う事が、必ずしも良い結果に繋がるとは限りません。
自社でやらなければ行けない業務に集中し、必要な専門分野の力を使って、効果的に日々の業務を進めて行く事が、流れの早い今のWebサイト・ECサイトの運営では大切になって来ています。
まずは、一日の業務を整理し、その上で自社でやるべき業務か判断の上、外部に頼む際はご検討ください。

弊社でも、日々管理・運用させていただいているお客様が増えております。
ご質問・ご相談はお問い合わせより、お気軽にご連絡くださいませ。

Category / サービス

Tweet RSS feed