Web・スマートフォン サイト制作 デザイン・システム開発・ブランディングの株式会社いろや

メニュー

292013.07

情報の伝達で最適なのは電話か、メールか

ずいぶん使った、iPhone4です。

今日も一日あっという間、遅い時間になりましたね。
こんばんは。

今日は、タイムリーな内容として、やり取りの事を書く事にしました。
ここ1年、個人事業主から、法人化し、社内に人が増えました。
そして、チームでの仕事のやり方というのを試行錯誤しています。
今まで長い時間、一人で仕事を進めてくる事になれていた事もあり、複数人での仕事の仕方に大きな課題や問題に打ち当たる事も多いです。
やはり、一人と複数人では仕事に対しての必要な要素が全く違います。

弊社では、お客様と一緒に二人三脚での運営、開発を中心に仕事をしています。
より円滑に、そしてよりスムーズにお客様のご要望や課題を掴み、現場の仕事を進める為に、ぴったりとフォローをする仕事の仕方をしていますが、これがなかなか難しいです。

お客様によって、ご連絡が電話中心の方も居ますし、
メールでのやり取りに抵抗を感じる方も居ます。
さまざまなお客様とのコミュニケーションや情報のやり取りを、しっかりと社内へ伝え、そして、各担当者のレベルでも同じ情報を共有する。
一見簡単そうに見えて、実はこれが非常に難しいです。
それぞれの、解釈の仕方に差異があるだけで、物事が大きく曲がって行きます。
しかも、創作の現場ではこれが非常に大きな問題になります。

弊社では、このあたりを極力防ぐ為に、メールでのやり取り・状況の共有というのを記録のひとつとして出来る限りするようにしています。
ですが、やはりそう上手くも行きません、外出先で電話を受け回答し、それを社内に伝えるこの流れで、物事が大きく変わる事もしばしばあります。
表現の仕方や言葉の使い方は千差万別です。
それをチーム間でどのように共有し、より円滑にお客様のご要望や課題に応えられるか、今までは自分の頭の中と対話していればよかった問題が、複数人で動く事によって大きく変わってきます。
そして、自分の伝え方が100%そのまま伝わっていない事も多々あります。
こういう小さい積み重ねをしっかりと、想いのまま伝えられるようになるには、まだまだ自分自身努力が必要です。

話が右に行ったり、左に行ったり、同じチームで動いていますので、大きな開きはありませんが、それぞれの感性で若干のズレが出てきます。
これをどのくらい詰められるか、そして共有出来るかが、チーム力にかかっている気がします。
そして、この足並みのズレがそのまま、社外へと影響します。
組織として動き、お客様と接するということがこれほど難しい事だとは考えていませんでした。
日々勉強の毎日です。

また、それぞれの個性やセンス・才能にも一人一人差異があります。
適材適所、自分の欠点を他のメンバーに補ってもらい、会社として大きな円を描く事が出来れば、それぞれの欠点も会社の欠点にならずにすみます。また、自分の才能が人を交える事でより膨らみ広くなる事も多々あります。
こうやって、多くの人で支え合い、欠点や得意な点を補い合い、延ばし合いながら、力強い円を描き、少しずつ大きくし、お客様と向き合うということが、チームとして仕事する事なのかな、と強く感じました。
そして、人が多くなればなるほど、自分の欠点も見え、そして他人に助けられる事も多くなります。
まだまだ、正解は見つかりませんが、毎日必死に仕事をすれば何かしらの形というのが見えてくるのかなと思い、正直にそして、誠実に、お客様や仕事に向き合う事にしています。

まだまだ、力足らずな事が多い弊社ですが、
気になる点などありましたら、お気軽にお申し付けください。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

Category / ディレクション

Tweet RSS feed